糖尿病についての基礎知識と治療法

糖尿病とは、血糖値が異常なほど高くなる病気です。

1型、2型、妊娠糖尿病、遺伝子異常や他の病気や薬剤の副作用作用によるものなどのタイプがあり、それによって症状が変わって治療の内容も変わってきます。

インスリンの排出量が減少して起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞のインスリンの働きが悪くなり、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こる2型糖尿病は、飲酒量が多いんなどの食生活の乱れや運動不足などの生活習慣からくるものが多く、日本では9割以上がこのタイプなのです。

初期症状としては、やたらと喉が渇く、尿が近く量が多い、特に変わったことをしてないのに体重が減少してきた、視界がぼやける、疲れやすいなどがあげられます。

早期発見ならば、悪化を防ぐという意味の食事療法や運動療法で生活習慣を改善するという、治療というよりこういった指導があり、薬物を使用しての治療まではしなくてもすみます。

少しでもおかしいなと感じるのであれば、早めの診察と治療を受けるようにしましょう。

生活習慣病とも言われる糖尿病。

日本では2型といわれるタイプが9割以上です。

このタイプはなかなか自分では自覚がないものと言われていますので、40歳を超えたら定期検診と自身のコンディションを気にするようにしましょう。

また他にもタイプはあり、1型というものは一般的に子供に起こりやすい症状で、肝臓内のインスリンを作る細胞が破壊されて、インスリン量が欠乏して起こるものや、妊娠糖尿病という妊娠中に一時的に起こるタイプもあります。

いずれの場合にしても早期の発見と早期の治療が大切になってきます。

糖尿病そのもの初期症状としては見落としてしまいがちな症状が多いと言われています。

こちらでチチェックしてみてください。

糖尿病の治療について調べる

糖尿病で怖いのが進行した際に合併症を引き起こしてしまう事です。

足や手のしびれや痛みに気づかなくなる末梢神経障害や筋力の低下や立ちくらみを起こす自律神経障害。

また網膜の血管が悪くなり視力低下や失明を引き起こす網膜症や腎臓に障害を及ぼすという合併症を引き起こす恐れがありますので、異変を感じたら早めに治療を始めるようにしましょう。